免疫力低下につながる「低体温」を克服しよう!

最近では年齢性別を問わず、低体温の方が増えていると言います。
一般に体温は36.5度が理想とされています。(わきの下で計測した場合、36.2度~36.3度くらいです)

体温が一度下がると、なんと約3割も免疫力が低下してしまうと言われています。逆に、体温を一度上げることが出来れば免疫力は5~6倍になると言われているそう。これはもう、低体温を克服するしかなさそうですね!

低体温になってしまう理由には、次のような事が挙げられます。
・加工食品や甘いもの、冷たいものの摂りすぎ
・ビタミン、ミネラル、たんぱく質などの不足
・冷暖房に頼りすぎる
・運動不足
・自律神経の乱れ

やはり生活習慣や食生活を改善することが、低体温克服の鍵のようですね。
では実際、どのような事をすれば低体温を克服できるのでしょうか。

①適度に筋肉を鍛える
筋肉の中にはミトコンドリアがあるのですが、これが熱を発生して体温を上げてくれます。ですから、筋肉量が多ければミトコンドリアも多くなり、熱を生み出しやすくなります。
ウォーキングやスクワットなどの適度な運動が良いでしょう。

②お風呂で温まる
体が温まるだけでなく、リラックスして自律神経のバランスも整いやすくなります。

③お酒やたばこ、冷たいものや甘いもの、カフェインなどを控える
食生活や嗜好品にも注意が必要です。

④ストレッチをする
とくに股関節(鼠径リンパ)を柔らかくしておくことにより、リンパの流れが良くなります。

⑤夏でもソックスやストッキングを履く
夏でも冷房が効いている場所では冷やさないように注意が必要です。

知らず知らずのうちに低体温を招く生活をしてしまっていることも少なくないかもしれませんね。
意識して低体温を克服しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です