「笑い」で免疫力がアップできるって本当?

「笑う門には福来る」などと昔から言いますが、笑うことによって免疫力をアップできると言われたら、あなたは信じますか?

ある調査によると、人間は歳を重ねるごとに笑う機会が少なくなっていくようです。たしかに年齢を重ねると一人で過ごす時間も増えますし、箸が転がってもおかしい年頃と言われる世代に比べたら笑わなくなってくるのもうなずけます。
また、歳を重ねるごとに笑う機会が少なくなっていくことにはストレスも関係しているのではないかなどとも言われているようですよ。

実は、笑うことによって免疫細胞の一つであるNK細胞を活性化することが出来ると言われています。
笑うことにより、免疫をコントロールする「間脳」に興奮が伝わり、情報伝達物質である「ペプチド」が生産されます。そのことによってNK細胞が活性化すると言われているのです。
笑うことで、免疫システムのバランスが整うそうですよ!

また、免疫力アップ以外にも鎮痛効果やストレス解消効果もありますから、積極的に笑って過ごしたいものですね。

笑うことによってカロリーも消費できますし、呼吸が深くなって代謝アップや血流を良くすることにもつながるなど、良いことがいっぱいあります。脳の働きを活発化してくれたり、自律神経を整えてくれたりする効果も期待できます。

もちろん声を出して大笑いすることが効果的なのですが、一人でいきなり笑うのも難しいですよね。意識すればするほど笑えなくなってしまうものです。
そういう時には「笑顔」を作ってみて下さい!それだけでも効果が期待できるそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です