お金を上手に管理するための3つのポイントとは?

サラリーマンの所得が少しずつ減っている現在、手元にあるお金をしっかり管理して、できれば貯金を少しずつでもしたいと思っている方は多いでしょう。しかし、お金の管理というのは、なかなか理解することがが難しいものです。そこで、お金を上手に管理するための3つのポイントについてまとめてみたいと思います。

まず、家計収支を見直すことです。基本的なことではありますが、収入より支出が多くてはお金は増えません。どれだけ仕事をしてお金を稼いでも、無計画にお金をどんどん使ってしまえば、穴の開いているバケツに水を貯めようとしているようなものです。そこで、まずは今の家計収支、つまり、月額どれくらいの収入(手取り)があり、月額どれくらいの支出があるのかを把握することが重要です。

次に、家計収支がはっきりと客観的な数字として把握できたら、固定費の見直しに着手することが大切です。固定費とは、毎月必ず支出しなくてはいけないお金、たとえば、家賃、ガス代、電気代、携帯代などを指します。これらの固定費は、毎月の支払額がだいたい決まっていますので、大きく減らすためには、抜本的な見直しをする必要があります。もう少し安い家賃の物件に引っ越すことはどうか、携帯のプランを見直して基本料金を下げることはできないかなど、大胆な改革が求められます。逆に、大胆な改革さえ実現できれば、月額数万円の削減が可能な分野であり、まず固定費から着手することが重要です。

さらに、食費を見直すことです。現在自炊をしていない方は、明日から自炊を始めることを強くおすすめします。自炊は、シンプルな努力で大きな成果をもたらすことができます。外食をすると1日1,000円以上、下手をすれば1日2,000円近いお金を支出することになりますが、しっかり計画的に自炊をすれば、1日300〜500円程度で抑えることができます。このように、食費という領域に自炊という武器を持って切り込めば、かなりの出費を削ることができるのです。

このように、家計収支を把握し、固定費を見直し、食費を見直すことによって、限られた収入を

上手に管理することができるようになります。そうなれば、毎月数万円を貯金することができ、数年後にはかなりまとまったお金を手にすることができるでしょう。

はぴーとはこちらです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です