お金を上手に管理するための3つのポイントとは?

サラリーマンの所得が少しずつ減っている現在、手元にあるお金をしっかり管理して、できれば貯金を少しずつでもしたいと思っている方は多いでしょう。しかし、お金の管理というのは、なかなか理解することがが難しいものです。そこで、お金を上手に管理するための3つのポイントについてまとめてみたいと思います。

まず、家計収支を見直すことです。基本的なことではありますが、収入より支出が多くてはお金は増えません。どれだけ仕事をしてお金を稼いでも、無計画にお金をどんどん使ってしまえば、穴の開いているバケツに水を貯めようとしているようなものです。そこで、まずは今の家計収支、つまり、月額どれくらいの収入(手取り)があり、月額どれくらいの支出があるのかを把握することが重要です。

次に、家計収支がはっきりと客観的な数字として把握できたら、固定費の見直しに着手することが大切です。固定費とは、毎月必ず支出しなくてはいけないお金、たとえば、家賃、ガス代、電気代、携帯代などを指します。これらの固定費は、毎月の支払額がだいたい決まっていますので、大きく減らすためには、抜本的な見直しをする必要があります。もう少し安い家賃の物件に引っ越すことはどうか、携帯のプランを見直して基本料金を下げることはできないかなど、大胆な改革が求められます。逆に、大胆な改革さえ実現できれば、月額数万円の削減が可能な分野であり、まず固定費から着手することが重要です。

さらに、食費を見直すことです。現在自炊をしていない方は、明日から自炊を始めることを強くおすすめします。自炊は、シンプルな努力で大きな成果をもたらすことができます。外食をすると1日1,000円以上、下手をすれば1日2,000円近いお金を支出することになりますが、しっかり計画的に自炊をすれば、1日300〜500円程度で抑えることができます。このように、食費という領域に自炊という武器を持って切り込めば、かなりの出費を削ることができるのです。

このように、家計収支を把握し、固定費を見直し、食費を見直すことによって、限られた収入を

上手に管理することができるようになります。そうなれば、毎月数万円を貯金することができ、数年後にはかなりまとまったお金を手にすることができるでしょう。

はぴーとはこちらです!

油分が多い物を使えば保湿はできる!

乾き小じわや肌荒れ、どれもこれも保湿が糸口は当たり前かと思います。

但し保湿といっても何をどうすれば良いかわからない方も多いハズ。

そこで日々の加勢で何を取り入れたら良いのかご紹介したいと思います。

それでは毎朝・毎晩の洗顔・化粧水・乳液をライフスタイルにください。殊更夏だと乳液を付けるってやたらするからという躊躇される方もいらっしゃると思います。ただし乳液は化粧水で浸透させた美材質にきちん蓋を通して挙げる役割を果たしているので、欠かすことができません。仮に乳液をしないでいるとどうにか厳しい化粧水によっていたとしてもその材質が肌から逃げてしまい、本来のインパクトを発動できなくなってしまう。乳液って一口に言ってもベタつかない品など、肌質にあった関連がたくさん販売されているので自分が使いやすいものを選ぶようにください。

そうして乳液を押し付け終わったら両手でたっぷり外見をくるむようにハンド圧迫をします。こういう手続きをする結果、手のひらが持つじんわりとした温かみが肌に行き渡り、さらに化粧水・乳液の材質が肌の奥まで浸透します。

とことんテンプレート氏もハンド圧迫をしているとおっしゃっていますが、こういう最後の一面倒でうんと差を付けることができますよ。

次にウィーク一括払いのアメイジング加勢としてスチーマーによってみましょう。後で寒くなる機会肌は乾きしがちです。そこで加湿容器や美顔容器によって、肌に霧を割振る加勢を吸い込みましょう。優しい霧があたる結果毛孔が変わり、汚れを落とし易くやる以外、肌の血行がよくなりくすみや透明感のある肌を手に入れることができます。スチーマーをした上にいつもの洗顔・化粧水・乳液でのケアをする結果常にに関してさらに美インパクトが高まり、保湿威力も進展行なうよ。

肌だけではなく冬に近づくにつれ肘膝かかとなど、身体のありとあらゆる近辺もひび割れてきたり粉を吹いてきたりという乾きしはじめます。身体には体調クリームを入浴その後一気に擦り込むようにし、全体を潤わせてあげましょう。

保湿する前に肌のよごれをキレイにしておきましょう!
エマルジョンリムーバーを使えば簡単に肌の汚れがキレイに落とせて楽ちんです!

ぜひエマルジョンリムーバーを試して見て下さいね!

夏バテの傾向と対策、二つ

貴方は「夏バテ」しますか?この頃は猛暑も多いですし、悩まされる方も多いかと思います。

原因は色々言われていますが、私の場合は「扇風機にあたりすぎる」ことと「食事が乱れる」ことに集約されています。
実践は難しいのですが、ひとつずつ傾向と対策を考えてみましょう。

「扇風機」に関しては(もちろん冷房でもいいのですが、そんないいものはうちには無いです)、
余りの暑さに強さを最大にして、全く首ふりさせずに身体にあてっぱなしなのが悪いんです。

つまりその逆、弱めでちゃんと首ふりさせればいいことになりますが、それではどうしても物足りない。
では他のものでサポートしてみますか。近頃流行りの冷却感長持ち系の首に巻くタオルやハンカチです。
あれを使った上で扇風機にあたると効果が上がると思います。

ちなみにあれ単独ではちょっと私には足りないですけどね…。商品ごとに効果や使いやすさもまちまちですし。
もうちょっと進化してほしいです。

次は「食事」ですね。冷たいものを摂りすぎること、そのせいで普通の食事の食欲がなくなること、
栄養不足で暑さがますます身体に堪え、また冷たいものを摂ってしまう…この悪循環が怖いと思います。
解決策は書かずとも知れているのですが、それが難しいから皆さん同じような目に遭うんですよね。
きちんと栄養が撮れて、なるべく喉越しのよい食べ物が望ましい。

私のおすすめはネバネバ麺です。オクラやとろろや納豆、とにかくネバネバしたものをふんだんに入れたそうめんです。
作るのも簡単で栄養も豊富。
他にはキュウリやスイカなどは身体を冷やす効果がありながらも、アイスやジュースなどのように糖分が多くて身体に悪い、
ということが無いためこれもおすすめです。
もちろん毎日そればかりでは飽きてしまいますけどね…。
いかにアイスなどの誘惑に負けないか、も大事だと思います。

外出の時に、日焼け止めは皆さん使っていますか?
肌に紫外線はとてもダメージを与えます。

暑い夏には日焼け止めはかかせません。
そこでご紹介したいのが今話題の飲む日焼け止め「雪肌ドロップ」!

日焼け止め効果と美容を効果を併せ持つ雪肌ドロップ!
この夏ぜひ試してみて下さい。
http://www.aahnet.org/nomuhiyakedome-kiken/

以上、ささやかながらいち主婦の夏バテ考察でした。

ネバネバ食感が夏バテを一気に解消!

年々気温が上昇する近年の夏。
今や真夏の40℃超えは、当たり前の世の中になりましたよね。
こうして体に堪える暑さに勝つべく、栄養たっぷりの食事を摂って、
どうにか秋がやってくるまで、必死に乗り越えたいものです。

そんな辛い夏バテに効果絶大だと言われている食材の中に、
食感がネバネバするものが有名であることは、とても良く耳にするお話しだと思います。
そんなネバネバ食材の中でも、スーパーに行けば必ず手に入る「納豆」は、
「ビタミンB群」がたっぷり詰まっている上に、
女性が必要とする「イソフラボン」が豊富であることでも知られています。

夏バテに効くという納豆は、積極的に食べたい食品だと言われているのですが、
食欲がない時に、あのネバネバが口の中に投入されると、
納豆独特の食感と風味が、逆に食欲を奪ってしまうこともあるかもしれません。

普通にご飯に乗せて食べる納豆は、一番シンプルで手早くできる食事ではあるのですが、
少々ネバネバ感が強くて、今一つ食欲がわかない場合は、
お蕎麦に乗せて「納豆そば」にして食べてみると、意外とすんなり喉に通るものです。
更に、同じネバネバ仲間の「とろろ芋」も一緒にのせて頂くと、
ネバネバ効果がアップして、さらにスタミナ補給に一躍買ってくれそうです!

大豆からできている、タンパク質が多く含まれる「納豆」。
その威力は、本来の大豆を越えるものがあり、
ビタミンBの力で疲労感を解消し、糖質をエネルギーに変えてくれると言われています。

そして、これらの栄養素だけにとどまらず、
食物繊維やカルシウムも多く含まれているという、
正に夏バテには最強な食品である納豆。

味噌汁に入れたり、卵に包んで焼いたりと、
納豆を使ったレシピは、インターネット上でも数多く紹介されています。
そのため、自分のお口に合ったお料理で、納豆を美味しく頂くことも、
心身共にダウンしがちな夏バテを、元気に乗り越えられる簡単な解消法です!
そしてネバネバレシピを食べたときのお供はやっぱりお茶!
その中でも「びかんれいちゃ」は美味しくてヘルシーでオススメ!
甘いものを我慢してる人でも大丈夫なお茶なので是非どうぞ!

免疫力アップの鍵は腸内環境だった!

腸内環境を整えることは、美容や健康など様々なことに大事であるという事は皆さんご存知の事でしょう。
実は免疫力アップに関しても、腸内環境を整えることが大事だという事を御存知でしょうか。

なぜなら、免疫細胞の6~7割は腸に集まっているからなのです。
腸の中には人にとって良い働きをする善玉菌や、逆に悪い働きをする悪玉菌、そのほか日和見菌などが存在しています。
この中の善玉菌を増やすと、腸内環境が良くなるのです。

では、善玉菌を増やして腸内環境を良くするためには何が大事なのでしょうか?

まず、やはり食生活です。
乳酸菌飲料を飲んだりヨーグルトを食べたりすることが効果的です。このときに乳酸菌が胃酸で死んでしまうことが多いため、生きて腸まで届くタイプのものを選ぶと良いでしょう。
さらに。発酵食品を積極的に食べましょう。
発酵食品には納豆やみそ、チーズ、漬物などがあります。
また、食物繊維や、腸内細菌の餌となるオリゴ糖、穀物などもしっかり摂りましょう。
水分をしっかり摂ることも大事になって来ます。

乳酸菌やオリゴ糖などを効率よく取れるサプリメントを利用するのも良いですね。

食品添加物は、腸内細菌を減らしてしまうため極力避けるようにしましょう。
そのほか、酸化した油を摂らないようにすることも大事です。

生活習慣で気を付けたいことは、やはり適度な運動と睡眠です。
運動不足にならないように気を付け、しっかりと睡眠を取りましょう。

腸は「第二の脳」などとも呼ばれています。
腸内環境を整え、免疫力アップを目指しましょう!

免疫力アップに効く「爪もみ」のやり方は?

「爪もみ」という言葉をどこかで聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。
実は、この爪もみは免疫力アップに効果があるとされています。
とっても簡単ですから、ぜひやってみて下さいね!

爪もみでは、爪の両脇のあたりにある「井穴」というツボを刺激します。
ここには神経線維が集中しており、これを刺激することによって自律神経に伝わり、免疫力アップが期待できるというわけです。親指、人差し指、中指、小指の爪もみは副交感神経を、薬指の爪もみは交感神経を活発にすると言われています。

やり方は次の通りです。
・爪の生え際から2mmくらい下の脇の部分を、反対の手の親指、人差し指で挟む。
・少し痛いと感じるくらいの強さで10秒間もむ。(痛みを感じる指は少し長めに20秒間くらいもんでも良い。)
・両方の手の親指、人差し指、中指、小指を順番にもんでいきます。
・これを1日に2~3回行いましょう。

薬指に関しては、副交感神経を活性化させてリラックスしたい場合には通常もみません。

親指は呼吸器、人差し指は消化器、中指は耳鳴りや難聴、薬指はうつや眠気、だるさ、低血糖など、小指は循環器に効果があると言われています。

あまり過剰にやるのは良くないようですから、1日に2~3回程度と言う回数は守って行って下さいね。

ちょっとした空き時間にも簡単にできますから、ぜひ取り入れてみて下さい。
免疫力アップにつながる食事や運動、生活習慣などと併せて行うとより効果がアップしそうです。

ハーブティーで免疫力アップしたい方へ

ハーブティーと言えば、美容や健康に効くというイメージがありますよね。
リラックス効果もありますし、普段からハーブティーを愛飲している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、免疫力アップに効くハーブティーはどれなのでしょうか。調べてみました。

まず飲み物で免疫力アップを図りたい場合、冷たい飲み物は避けましょう。暑い時期にはアイスのハーブティーを飲む機会もありますが、免疫力アップという点からはあまりおすすめできないでしょう。

免疫力アップに効果が期待できると言われているハーブは「エキナセア」です。
エキナセアはキク科の多年草で、ピンクのような紫のようなかわいらしい色の花を咲かせます。インディアンのハーブとも呼ばれ、昔から北米のインディアンたちが蛇に噛まれた時の治療に使ったり、風邪予防などに使ったりしていたとされています。

エキナセアには免疫力アップや抗ウィルス、殺菌などの効果があると言われています。

エキナセアのティーを飲むときには、1杯のティーカップに対し、スプーン1杯程度のエキナセアを使用し、5分ほどかけて抽出しましょう。
妊娠中の方や菊アレルギーの方は使用できませんのでご注意ください。

また、エキナセア以外にも免疫力アップが期待できそうなハーブティーは
・カモミール
・ローズヒップ
・ラベンダー
・エルダーフラワー
・セージ

などが挙げられます。

免疫力アップのためには、毎食後飲むと良いとされています。
ハーブによってはきれいな色が楽しめるものもありますので、リラックス効果も得られそうですね。
ぜひ免疫力アップのためにハーブティーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

「NK細胞」ってどんなもの?

免疫力アップに関する話によく出てくる「NK細胞」をご存知でしょうか。

NK細胞とはナチュラル・キラー細胞のことで、免疫細胞のリンパ球の中の一つです。
ほかの免疫細胞などからの指令が無くても、自ら先陣を切ってウィルスや病原菌などを攻撃してやっつけてくれる頼もしい存在なのです。

NK細胞の働きとして、ウィルスなどからの感染を予防してくれること、腫瘍細胞などを攻撃してくれることが挙げられます。つまり、私たちの体にとって無くてはならない免疫細胞だということになりますね。

NK細胞が発見されたのはわりと最近で、アメリカのハーバーマン、日本の先道富士郎教授などから1975年の同じ時期に報告され、存在が明らかにされました。

このNK細胞の活性は、季節やその時の気分、時間帯などによっても左右されるようで、40歳を過ぎると活動が衰えていくと言われています。
全身に約50億個あるとされ、がん細胞などが無いかどうか全身をくまなくチェックしてくれているのです。

このNK細胞が十分に機能しない状態だと、ほかの免疫細胞もきちんと機能しなくなってしまうそうです。

インフルエンザが流行する時期などには特に頼もしい存在と言えますから、NK細胞の活動を鈍らせたくないですよね。
NK細胞はストレスで活動が鈍ってしまうことが知られていますから、ストレスをためないように意識したいものです。

海藻類に含まれる「フコイダン」にはNK細胞を活性化する効果があると言われていますから、普段の食事に積極的に取り入れてみましょう。

「笑い」で免疫力がアップできるって本当?

「笑う門には福来る」などと昔から言いますが、笑うことによって免疫力をアップできると言われたら、あなたは信じますか?

ある調査によると、人間は歳を重ねるごとに笑う機会が少なくなっていくようです。たしかに年齢を重ねると一人で過ごす時間も増えますし、箸が転がってもおかしい年頃と言われる世代に比べたら笑わなくなってくるのもうなずけます。
また、歳を重ねるごとに笑う機会が少なくなっていくことにはストレスも関係しているのではないかなどとも言われているようですよ。

実は、笑うことによって免疫細胞の一つであるNK細胞を活性化することが出来ると言われています。
笑うことにより、免疫をコントロールする「間脳」に興奮が伝わり、情報伝達物質である「ペプチド」が生産されます。そのことによってNK細胞が活性化すると言われているのです。
笑うことで、免疫システムのバランスが整うそうですよ!

また、免疫力アップ以外にも鎮痛効果やストレス解消効果もありますから、積極的に笑って過ごしたいものですね。

笑うことによってカロリーも消費できますし、呼吸が深くなって代謝アップや血流を良くすることにもつながるなど、良いことがいっぱいあります。脳の働きを活発化してくれたり、自律神経を整えてくれたりする効果も期待できます。

もちろん声を出して大笑いすることが効果的なのですが、一人でいきなり笑うのも難しいですよね。意識すればするほど笑えなくなってしまうものです。
そういう時には「笑顔」を作ってみて下さい!それだけでも効果が期待できるそうですよ。

免疫力とストレスの関係は?

実は免疫力を下げてしまう原因として「ストレス」が挙げられます。
現代社会ではストレスの無い人はあまりいないでしょうが、そのせいで免疫力が下がってしまうのは嫌ですよね。
最近風邪をひきやすい、しかも一度ひいてしまうとなかなか治らなくて・・・と思っている方は、もしかしたらストレスがたまっているのかも知れません。

ストレスがあると、免疫細胞のバランスは崩されてしまいます。
免疫力をつかさどっている自律神経は、興奮すると交感神経が働き、リラックスすると副交感神経が働くようになっていますが、これがストレスによってバランスを崩してしまうケースがあるのです。
自律神経のバランスが崩れれば、当然免疫細胞のバランスにも影響を及ぼすことになるでしょう。。
ストレスがかかると、内蔵の機能を活性化させてくれる副交感神経の働きが活発ではなくなってしまいます。
それによって栄養のバランスも悪くなり、免疫細胞であるリンパ球が活発に働かなくなってしまうのです。

免疫細胞のバランスが崩れると、活性酸素が増えてしまったり、自己免疫疾患やアレルギーなどが起こったりしてしまう可能性があります。

免疫力を下げてしまうのはなにも精神的なストレスだけに限ったことではありません。肉体的なストレスも同じなのです。

また、がんと闘ってくれる頼もしいNK細胞やT細胞はストレスによって減ってしまうと言われています。考えただけでも恐ろしいことですよね。

ですから、難しいことですが日ごろからストレスをためないように心がけましょう!
自分なりに何かリラックスできる方法を考えておき、ストレスがたまったなと思ったらこまめに実行するようにしましょう。